森山社

山車(屋台)

森山社の山車(屋台)に施された彫刻は、幕末から明治にかけて宮彫師として多くの実績を残された安房国(千葉県)千倉出身の名工・後藤利兵衛橘義光の作です。
欄間の両側には見返りの獅子が「阿吽」の形態をなして彫られ、左右の方立(袖)にも裏表で立派な彫刻が施されています。