森山社

御祭神について

(八重垣神社所蔵 「稲田姫命像」壁画)
(八重垣神社所蔵 「稲田姫命像」壁画)

森山社の祭神は「奇稲田姫命(クシナダヒメノミコト)」です。
(日本神話に登場するこの女神は『日本書紀』では「奇稲田姫」『古事記』では「櫛名田比売」と表記されます)

奇稲田姫命は出雲国(島根県)簸の川(斐伊川)の川上に住んでいたとされ、足名推命(アシナヅチノミコト)と手名推命(テナヅチノミコト)夫婦の八人娘の末娘として暮らしていました。
毎年毎年、八岐大蛇がやってきて次々と娘たちを食べてしまい、最後に残った末娘の奇稲田姫命も食べられてしまう時期がきたので、老夫婦の両親は嘆き悲しんでいました。
そこへ高天原を追放された「素盞嗚尊(スサノオノミコト)」が折よく現われ、ことの次第を聞き義侠心を燃え上がらせて八岐大蛇を退治しました。
(素盞嗚尊については別に記します)
(日本神話に登場するこの大蛇は『日本書紀』では「八岐大蛇」『古事記』では「八俣遠呂智」と表記されます)


助けられた奇稲田姫命は素盞嗚尊と結婚して、出雲国に宮殿を造って住んだとされます。

*河川の氾濫を鎮めるための生贄として捧げられていた風習を治水によって解決したという解釈もある。「八岐大蛇退治」についてはいろいろ調べるとおもしろい。